今日からは歩く人

30代男がレコーディングダイエットとゆるい糖質制限+若干の運動によるダイエット記録です。

レコーディングダイエットについて

若い時はヘボいなりにマラソンを趣味としており

制限時間ぎりぎりですがフルマラソン完走(完歩?)という

今では夢のようなこともやっていたわけであります。

 

フルマラソンを完走できると

意欲のある人だと、「よし次はタイムを早く!」とか思うのでしょうが、

僕は近場の大会を完走してから

徐々に興味も薄れマラソンから遠ざかっていきました。

 

消費カロリーが減り、摂取カロリーは今までどおり(結構食べてました)のため

案の定太り始めました。

 

63㎏ほどだった体重は数年かけりっぱに73kgまで

10kg増成長したというわけです。

 

痩せていたときに比べて10㎏増って、

寝ても覚めても米袋10kg背負って生きているというわけですよね?

そりゃ疲れますよ、スーパーから車まででも重いと思うもん。

 

じゃあまた運動したらいいじゃないと思いますが、

一回太ると体重多い分動く気力がなくなるんですよね。

 

そこでまずは体を軽くしてから運動を徐々に始めようと思ったわけであります。

 

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、

個人的に食べるのが大好きなので、

偏食系ダイエットは合わないと思いました。

 

むか~し?TVでやっていた岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」というレコーディングダイエットの先駆け本に興味があったのでそれを実践してみようじゃないかと、まずは本を読みました。

 

 

 やりかたは簡単です。

はじめは「体重、食べたものを毎日記録する。」これだけ。

 なれたら「食べたもののカロリーも記録する。」

 

 食ったもののカロリー見るとやはり意識しますね。

で、意識していると自然に食べるものや量を調整してくるという訳です。

あと何食べているかわかるのはいいですね。

栄養バランスなんかもなんとなくわかりますし。

 

ちなみに昨日、山頭火のらーめん(大)食べたのですが、1000kcalぐらいのようです。

おかげで一日の摂取目標カロリーをオーバーしてしまいました。

まぁ別の日でリカバリーすればよいのであまり気にしてはおりませんが。

 

これもレコーディングしているから「意識」できることで、

してなかったら、リカバリーできていないのに

食べてしまうのでしょう。その結果は明らかです。

 

ダイエットでよろしくないのは我慢しすぎての爆発です。

適度にガス抜きするくらいがちょうどよいです。

 

 

ではでは